マリオンクレープ×ダイエット|甘いもの(糖質)は太る⁉チョコバナナとツナマヨネーズのカロリーを比較検証

女性がダイエットについて話すイメージ

この記事はアフィリエイト広告を利用しています

最近、生活習慣を見直しているマリオン・マニア(https://twitter.com/marion_mania_)です。
クレープ好きにとっては、永遠の課題のカロリー取り過ぎ問題。
今回は甘いものは本当に太るのか?という常識を疑う内容を紹介したいと思います。

結論から言うと、甘いもの(糖質)が太る原因ではありません!

太る原因をマリオンクレープのチョコバナナとツナマヨネーズのカロリーを比較して検証していきます!

ぜひ最後まで読んでください!




甘いものは太るのか?

カスタードクリームの画像
撮影:マリオンマニア

まずは「甘いもの」というザックリとした表現をこの記事内での定義を決めておきます。

この記事内での「甘いもの」とは

甘いものとは、甘いと感じるもののことですが、この記事内では、
糖質及び炭水化物のことと定義します。

※因みに炭水化物とは糖質+食物繊維のことです。

それでは太る原因について説明していきます↓

太る原因を簡単に説明

太る原因は食事の量が活動量よりも多いからです。

食事量=活動量→太らない
食事量>活動量→太る
食事量<活動量→痩せる

食事量と活動量が同じならば太りません。
むしろ食事量が活動量より少ないと痩せちゃいます!

じゃあ、食事量と活動量ってどうやって測るのと思いませんか?

それが皆さんご存知のカロリーです。

カロリーとは

人が活動するために必要なエネルギー量のことです。
カロリーは「cal」と表記され、一般的には「1kcal(=1,000cal)」を単位として使われます。

ということは一日の活動量=一日の消費カロリーが分かれば、一日の食事量=一日の摂取カロリーは決まってきますね。

あなたの一日の消費カロリーを出して、その消費カロリー以内しか食べなければ太りません!

あなたの一日の消費カロリーを出すのは、無料で使えて登録不要のke!san生活や実務に役立つサイトがおすすめですよ!

お金や健康、こよみ計算などの「生活の計算」をはじめ、教育現場で使える「数学・物理の計算」、統計や特殊関数などの 「専門的な計算」など、約1000種類以上の計算を楽しむことができます。あなたにぴったりの「計算」を探してみよう。

引用:ke!san生活や実務に役立つサイト

あなたの一日消費カロリーを出すのはこちらですTDEEの計算

一日の消費カロリーを出して、上手く食事量をコントロールしたいですね。
でもわたしにとって最大の壁になるのが甘いものの誘惑
次に甘いものが太ると言われる理由について紹介します!

甘いものが太ると言われる理由

太る原因はわかったけど(わかってたw)けれど、
そこに甘いなどの味は関係あるの?と思ったかもしれませんね。

ハイお察しのとおり関係ないんです!

しかーし!

実は甘いもの(糖質)は、食べれば食べるほど、もっと欲しくなってしまうんです!
ドーパミンというホルモンの作用です。
さらに一度感じてしまうと、また欲しくなってしまうんです!人とは強欲なものですね←大袈裟w

つまり、
甘いもの(糖質)は依存性の高いものなんです!

それゆえに、
甘いものを食べると(どんどん食べてしまうから)太ると言われるんです!

マリオン・マニアMEMO

つまり一日のカロリーを気にしつつ、甘いものの食べ過ぎに注意という事でOKです!
ということは、甘いもの禁止ってわけじゃないんです。安心しました!

また食べる時間を気にするとダイエット効果があがります!
気になる人はコチラ⇓をタップ
マリオンクレープ×ダイエット|食べる量や内容は変えずに時間帯を気をつける!

カロリーを把握することが大事だとわかったので、
具体的にマリオンクレープ人気スイーツ系クレープ チョコバナナ(バナナチョコクリーム)と同じく人気のお惣菜系クレープ ツナマヨネーズのカロリーを比べていきます。




チョコバナナ(バナナチョコクリーム)とツナマヨネーズのカロリー比較検証

チョコバナナの画像

まずはチョコバナナ(バナナチョコクリーム)とツナマヨネーズのそれぞれに使われている食材(トッピング内容)を確認します。
※あくまでわたしの取材及び肌感覚での分量です。関連記事⇒【2023年】マリオンクレープの気になる5選のカロリーを調査!カロリーの一番低いクレープとダイエット向きメニューを紹介

チョコバナナ(バナナチョコクリーム)のトッピング詳細

クレープ生地
バナナ1/2
チョコソース10g
ホイップクリーム30g

ツナマヨネーズのトッピング詳細

クレープ生地
ツナ40g⇐マヨネーズやドライオニオンが和えてあるそうです
マヨネーズ5g
レタス5g

チョコバナナ(バナナチョコクリーム)とツナマヨネーズのカロリーを比較

チョコバナナ(バナナチョコクリーム)約300kcal
ツナマヨネーズ 約361kcal
参考:【2023年】マリオンクレープの気になる5選のカロリーを調査!カロリーの一番低いクレープとダイエット向きメニューを紹介

ツナマヨの方がカロリー高いんですね!
ホイップクリームたっぷりのチョコバナナ我慢してツナマヨ食べてたわたしって…(泣)

その他マリオンクレープ人気クレープのカロリー情報はコチラ⇓をタップ

【2023年】マリオンクレープの気になる5選のカロリーを調査!カロリーの一番低いクレープとダイエット向きメニューを紹介

チョコバナナ(バナナチョコクリーム)とツナマヨネーズのカロリーを検証

ツナマヨネーズの方がカロリーが高い事実がわかりました。
なぜカロリーが高いの?って思ったかもしれません。

犯人は脂質です!

ツナマヨネーズは甘いものの量こそ少ないですが、脂質の量が多いのです。

マリオン・マニアMEMO

三大栄養素 タンパク質、脂質、炭水化物(糖質)で比較すると、脂質が一番カロリーが高いです!


脂質1g=9kcalに対してタンパク質、炭水化物は各々1g=各々4kcal

実に2倍以上!

脂質といえばツナマヨにはマヨネーズはもちろんですが、ツナ自体もオイル漬けのものが利用されているので、
わたしの予想以上のカロリー量かもしれません。

もしかしたらフィッシュオイルは太らないと聞いたことがあるかもしれません。
ツナに使われているオイルは基本的にフィッシュオイルではないので注意が必要です。(全ての商品とは限りません)

まとめ

ファーストフードとダイエットのイメージ画像

甘いもの(糖質)が太る直接的な原因ではありませんでした。
太る原因は「食べ過ぎ」という、すごく当たり前の結論でした。

でも食べ過ぎてしまう作用が、甘いもの(糖質)にあることは注意が必要です!

そしてクレープのカロリーに焦点を当ててみると、
チョコバナナ(バナナチョコクリーム)よりもツナマヨネーズの方がカロリーが高かったです!

つまりダイエット中だからと言って、チョコバナナ(バナナチョコクリーム)を我慢して、ツナマヨネーズを食べるという選択は間違いという事です。
今回、糖質カットや糖質ゼロの商品がたくさんあるけど、糖質よりもむしろ脂質を抑えた方がダイエット効果は高いということがわかりました!

食べ過ぎ注意ではありますが、我慢せずに甘いクレープを食べていこうと思います!

\フォローしてくれたら嬉しいです/
マリオン・マニアのX(旧Twitter)